今後の世界と日本人口 – その2 –

こんにちは!

ファンクリエイターズ(Fan Creators)の代表、萬田です。

 

前回は、世界の人口増加と日本の人口減少・高齢化について

書きましたが、今回は日本で身近に起きている状況について触れてみます。

 

人口減少による人出不足。

 

街中を見渡して歩いてみると

アルバイトが集まらず募集の張り紙が至る所にあるのを

見かけると思います。

 

実際に居酒屋を運営する友人に話を聞いても、アルバイトが確保できず

チェーン店内で人を応援に回してもらったりで何とか営業している状況でした。

 

また、時給もどんどん上がり飲食店では950円~と

以前あたり前だった、800円代の時給を見ることはほとんどありません。

 

一見この状況を見ると、金額さえ気にしなければ

労働者側の売りて市場で仕事はいくらでもあるように思えますが

それは大きな間違いです。

 

ニュースで頻繁に見かけるロボット+人工知能化が目まぐるしいスピードで

始まっています。

 

建設機器大手のコマツでも鉱山などで走る大きなダンプカーをGPSで

自動運転化に目処をつけたり、一般自動車でも自動車メーカーだけでなく

グーグルなどが自動運転化に向けて猛烈な開発競争を繰り広げています。

 

トヨタは2020年の東京オリンピックで自動運転化を目指すと社長が以前話していました。

 

これは士業レベルでも始まっていて、弁護士でもアメリカのワイル・ゴッチェル&マンジス法律事務所では

優秀な弁護士のみしか案件を担当できず、並みの弁護士は人工知能がチェックした

書類のみをチェックする立場されている。

税理士でも同じことが言われています。

 

優秀な弁護士 > 人工知能ロボット >並みの弁護士

 

という構図が実際に起きています。

 

日本においては人口が減っていて、人出不足が一時的に起きていますが

今後はロボットや人工知能に取って代わられるため

単純作業や技術の低い労働はいずれ失業をしてしまうと考えます。

(ちなみにこれは、現状とは比にならない貧富の格差が生まれます)

 

そこで必要なことは、

機械がまだ苦手な

 

①「想像力」を使ってモノを生み出せる能力を高めること

②「技術力」 他者や機械に取って代わられないレベルまで高め続けること

 

この2点が今後生きていく上で必要なことだと思います。

 

みなさんはどう思われましたか?

 

今回もお読み頂きありがとうございます!(^^)

今後の世界と日本人口

こんにちは!

ファンクリエイターズ(Fan Creators)の代表、萬田です。

 

今日のファン創りマーケティングのテーマは人口についてです。

人口については集客そのものに既に影響を及ぼしていて

(例えば、バイトが雇用できずに倒産してしまう飲食店様や

人口減によるお客様自体の減少によるパイの奪い合いなど)

何度かに分けて詳しくお伝えしたいと思います。

 

まず世界人口ですが

増加の一途をたどり、現在と30年後では、

 

2015年:約72億人

2045年:約95億人※推定

人類史上最高の人口を更新し続けています。

 

一方の日本の人口は

2015年:約1億2000万人 高齢者比率は約25%(2600万人)

2045年:約1億人 高齢者比率は35%(3500万人)※推定

 

ちなみに、昨年1年間で日本の人口減少数は

2013年の人口-2014年人口=21万人のマイナス

 

昨年のたった1年間で日本人が21万人も少なくなりました。

ファン創りのマーケティングにおいてもとても大切な数字です。

 

日本も人類史上初めて、人口減+過度の高齢化を経験することになります。

 

世界と日本。

どちらも前人未到の地へ足を踏み入れることになります。

 

今後生きていく上で大切なこととは何でしょうか?

次回はその内容についてさらに深堀りします。

 

今回もお読み頂きありがとうございます!(^^)

デザインとは使いやすさの上にあるもの

こんにちは!

ファンクリエイターズ(Fan Creators)の代表、萬田です。

 

デザインとは?

ホームページについてある会社さんとの打ち合わせで
話している最中に頭が整理され、気づいたことがあります。

「デザインとは、分かりやすさ、使いやすさが前提であること」

ホームページに限らずデザインというと
かっこよさ、美しさなどを意図して使われることが多いと感じます。

私はかっこよさなどはデザインではなく、ファッションだと
考えています。

デザイン≠かっこよさ、美しさ=ファッション
デザイン=分かりやすさ、使いやすさが前提

ファッションは人の感性によって印象が変わるため
どれが正解というのはありません。
あくまでも評価基準がそれぞれの感性によるからです。

一方、デザインを分かりやすさや使いやすさを前提すると
それ自体が基準のため、だれがどこで使う(年代、性別、場所など)
のかを決めれば大体の評価は一致してきます。

たとえば良い例があります、
セブンイレブンの1億杯販売したコーヒーマシーンを見てみると
ホットコーヒーとアイスコーヒーに

HOT・COLDと”デザイン”されているが、

購入者がわかりづらいため

”あたたかい””つめたい”と黄色いテプラが貼られています。

本当のデザインとは、分かりやすく、使いやすさをまずクリアーした上で
見た目の外観にこだわるものだと痛感しました。

 

今回もお読み頂きありがとうございます!(^^)