ボルタリング

こんにちは!
ファンクリエイターズ(Fan Creators)の代表、萬田です。

 

先日有人の経営するボルタリングに初挑戦してきました!

ボルタリング

 

あ、これ上手に登っている感じで撮ってもらったため

実際はこんなに上手に登れません(笑)

 

初心者向けのコースは登ったりすることもできたのですが

写真のような逆斜面はさすがに厳しかったです・・・(汗

 

ボルタリングは現在、東京オリンピックの追加種目として注目されており

人気が出てきたスポーツです。

 

実際に登ってみると、力勝負というよりどうやったら登れるかを

頭で考えながら登ることができるため、身体と頭を両方

トレーニングできるような感じです。

 

お金の面でも、かかる費用は靴だけなので

ランニングのような感覚で始めることが可能です。

(靴もレンタルすれば始めは必要ありません)

 

http://www.gugu-climbing.com

 

今回も読んで頂きありがとうございます!

ギリッキー(Giricky)ポッキー(pocky)

こんにちは!
ファンクリエイターズ(Fan Creators)の代表、萬田です。

 

今日はバレンタインデーですね。

日本各地で様々なイベントや企画が行われています。

 

日本人は今まで無かった海外のイベント(クリスマス・ハロウィンなど)

も日本に取り入れるほど、催し物が好きだと言われていますが

そのイズム・DNAは日本古来からお祭りを大切にし守ってきた

文化から来ているのかも知れません。

 

そんな企画から一つご紹介。

あのポッキー(Pocky)の名前が期間限定でギリッキー(giricky)に。

ギリッキー(Giricky)ポッキー(Pocky)

ポッキーがギリッキーに変身

 

よく画像を見ていただくと、コメントに

「義理チョコです」

と書かれています(笑)

 

ポッキーは以前、私が講演をさせて頂いたセミナーでも紹介させて

いただいた、ファンづくりのとても上手な企業です。

 

人は更新されるものに興味を持つ、買う。

 

バレンタインデーにこういうちょっとした遊び心で

お客様と交流する。

 

ポッキーを買うことでワクワク楽しいなぁ

という気持ちに自然となります。

 

何度が同じことを言っていますが

 

「ポッキーは、ポッキーだけを売っているのではありません」

「ポッキーは、間違いなく楽しさを売っていると思います」

 

ポッキーはチョコレートのお菓子を売っているだけでなく

ポッキーを通じてファンとワクワク楽しい気持ちになってもらうことが

商品そのものとなっています。

 

あ、ちなみに今回はギリッキー以外の名前にも変わっています。

何に変わっているかは秘密です。(笑)

ぜひお近くのコンビニやスーパーで探してみて下さい。

読んで終わってしまうのではなく、自分で参加してみることがとても大切です。

 

今回も読んで頂きありがとうございます!

 

スポーツ鬼ごっこ

こんにちは!
ファンクリエイターズ(Fan Creators)の代表、萬田です。

 

今回は立川の鬼公園で行われた「スポーツ鬼ごっこ」についてです。

 

鬼ごっこ at 鬼公園!

企画者さんナイスアイディア!(笑)

 

スポーツ鬼ごっこ

スポーツ鬼ごっこ

 

子供の頃によく遊んだ鬼ごっこも、今やスポーツになっていました。

 

■以下のルールは、鬼ごっこ協会公式ウェブサイトより抜粋したものである。
基本ルールは以下の7つ

  1. 時間内に宝を多くゲットしたチームが勝ち。
  2. 相手の宝を取りに行きながら、自陣の宝を守る。
  3. タッチする時は、必ず両手でタッチする。
  4. Tエリアの内側に守りの選手は入ってはいけない。
  5. センターラインを越えて敵陣に入り、相手にタッチを
  6. されたら自陣のSエリアに戻り再スタート。
  7. 敵陣のSエリアに入ると相手からタッチをされない。
  8. タッチする時に、押したり、叩いたりしてはいけない。

その他

  • 試合時間:5分×2(ハーフタイム2分)
  • プレイヤー:7人制(1チーム、7~10名)
  • 審判員:主審1名・副審2名、スコアラー1名

 

エリアが限られているので

昔ながらの鬼ごっこ+ドッジボールを合わせて

2で割ったような感じです。

 

■目的は

①青少年の健全育成・体力向上

②コミニュケーション能力・チームワーク向上

③運動が苦手な子供や大人に場所を提供

④子供の考える力を鍛える

 

①であるように、実際に子供の育成を支援するために

ネスレ日本株式会社では

ネスレヘルシーキッズプログラムにて

スポーツ鬼子ごっこを次世代を担う子供達の育成の一貫として

活用しています。こういう想いのある取り組みは企業のファン作りとしても

とても有効だと考えます。

 

また、面白い取り組み事例としては

話題の婚活でも取り入れている点です。

 

②と③を合わせて大人がスポーツを通じながら

コミニュケーションを取り、出会いを探す。

これは、「スポーツ鬼ごっここん」と呼ばれ

既に品川など地域自治会などのスポーツ鬼ごっこの協会と連携して

婚活に導入されています。

 

私個人としては、④が一番良いと思っていて

これからの世界で生き残っていくためには

人工知能(AI)を持った機械と人間の差が求める世界に必ずなると

考えているため、いかに新しいアイディアを生み出し、実行できる人になれるか

それが一番重要だと考えています。

一兵士ではこれからの世界は生き残れないと真剣に思っています。

 

昔ながらの遊びも目的を持ち、ルールを決め

スポーツ化して幅広く楽しんでもらうように提供する。

とても楽しいアイディアです!

 

今回も読んで頂きありがとうございます!

 

 

クロノワール・コメダ珈琲店②

こんにちは!
ファンクリエイターズ(Fan Creators)の代表、萬田です。

 

昨日のコメダ珈琲の続きです。

 

今日はちょっと数字についてです。

 

昨日クロノワールを食べた際に売れ行きの数字をスタッフの方に教えてもらいました。

その店舗では、普段シロノワールは5個程度売れるそうです。

実はあまり売れていなようです。

 

でも、シロノワールの小さい版

ミニシロノワールはよく売れているそうです。

一人で食べれる気軽でリーズナブルだからだと思います。

 

今回

①クロノワールは通常の5倍の売れ行き

4個×5倍=20個

 

②ミニクロノワールは通常の2倍の売れ行き

※通常何個売れているかは不明ですが

ミニシロノワールはよく出るという言葉から推測して

20個を想定してみます。

20個×2倍=40個

 

①クロノワール

今回の売り上げの伸びは

1個648円×16個=¥9,600(1日)

販売期間を1ヶ月と想定して30日で

¥288,000

 

②ミニクロノワール

今回の売り上げの伸びは

1個400円×20個=¥8,000(1日)

販売期間を1ヶ月と想定して30日で

¥240,000

 

③合計1ヶ月で¥528,000の売り上げUP!

 

④さらに全店舗で同じ伸びがあると想定すると

 

なんと!

 

¥528,000×657店舗=3億4689万6千円

 

全てが想定通りにはいかないと思いますが、今回のプロジェクトでの売上増加金額は

上手くいけば3億5千万円ちかい伸びが可能性としては期待できるのではないかと思います。

 

今回特筆すべき点としては、クロノワールは

現状のソフトクリーム機をそのまま活用でき

特に何か投資は必要なく、販促宣伝費くらいしかかかってないと

考えられ、とても良い投資であり

ファンづくりでもあると思います。

 

ファンも満足させ、会社も満足する。

 

ファン作りして、とても良い仕掛けです。

 

 

今回も読んで頂きありがとうございます!

 

クロノワール・コメダ珈琲店①

こんにちは!
ファンクリエイターズ(Fan Creators)の代表、萬田です。

 

コメダ珈琲店で話題となっている

クロノワールを食べに行ってきました!

 

コメダ珈琲と言えば、定番のシロノワール。

その白(ホワイト)ノワールがMSコメダによって魔法がかけられ

チョコに変身!(^^)

ファンにはたまらない新商品です。

 

もちろん魔法だから数量限定!

なんて上手なストーリー!

ファンづくりのお手本のようなアイディア!

 

IMG_12102 IMG_12112

 

 

名古屋創業で最近では都内や東京の郊外エリアの出店でも

よく見かけるようになりました。

 

このクロノワールはヒットをしていて

夜ではあったのですが、最後の1皿でギリギリ食べることができ

売り切れになる人気の商品です。

 

私が食べている最中にも、カップルがクロノワール目的で来店に来ていたのですが

完売のためそのまま帰っていました。

 

スイーツなので当たり前ですが、

女性にとても人気になっているのを目の当たりにしました!

さすがコメダ珈琲!

 

今回も読んで頂きありがとうございます!